12月7日「いのちとくらしを守るひらつかピースウォーク」

私たちの目の前の景色は、銃声も 悲鳴も
いまは、きこえていませんが、
この同じ時間に 銃声におびえている
こどもたちや女性がいることを おもってください。
その子達は 知らされることもなく
戦争に まきこまれてしまっているのです。
わたしたちも 知らされずに
気づいたときには、戦争に
まきこまれてしまっていた!!と
ならないように しなければと思います。
知りたいことを知ることができる社会か
そうでない社会かの分かれ道
とても、とてつもなく違う社会との
曲がり角に 立っています。
すこしでも、歩いて伝えたいです。 
たいせつなことは守らないと
失ってはならないと・・・
    スタート前のリレートークで。古屋静江

P1130983-2.jpg
12月4日の朝日新聞湘南版にも掲載されたピースウォーク。
8月末に「特定秘密保護法の廃止をめざす平塚市民の会」は講演会を開催した。満員の会場で危機感が伝わり、
9月議会には「廃止を国に求めるよう」請願をWE21ひらつかの名前で出した。
継続審議になり11日に再度常任委員会で審議される。
しかし前日12月10日はこの悪法が施行される日だ。何が秘密なのか、知らされない。秘密かどうか知ることができない。
平和を求める団体・グループ・個人が今日の「ピースウォーク」を企画し、約1時間中心商店街などを歩いた。
反原発、反集団的自衛権、反秘密保護法等のシュプレヒコールの最後は「選挙に行こう! 選挙に行こう!」で結んだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク