特定秘密保護法の廃止を求める請願を提出しました。

スキャン_20140911-6

WE21ジャパンひらつかが16年間活動してきた「地球上に住む誰もが安心して子どもを生み、育て、生きていける社会」は民主主義が基本。特定秘密保護法は日本の憲法の骨格と相いれない法。
12月の施行予定を前に「廃止を求める」請願を平塚市議会に出した。

議員も情報を得る道が狭められ、議員活動に支障が出ることは承知しているはず。
平塚の議会の動きを注視しよう。全国の議会の中から、国に法の廃止をめざす意見書が出てきている。誰のための議会、誰のための議員か、答えは総務経済常任委員会での発言と、9月議会最終日に結果が見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク