WE21ジャパンの活動って?

私たちWE21ジャパンひらつかは、平塚市内において、環境・食・福祉・子育て などの分野で活動する9つの団体でユニットを結成しています。

お互いの活動を通して見えてくる課題や疑問や情報を共有しあい、よりよいまちづくりが出来たらと 「まちづくりユニットひらつか」 として月に一度、各団体の担当者が集まり話し合う機会を設けています。

そんなある日のこと、こんな会話がありました。

「担当者が代わり合う中で、こうしてユニットを組んでいるお互いの団体のことこそ、
 もう一度 改めて 分かり合う必要があるのでは?」

「特にWEさんはリサイクルショップだけでなく、色んな活動をされているようだけど、一度話を聞いてみたい」


・・・ そして本日、WE21ジャパンひらつかの 報告会を みんな de Caféで 行いました。

パワーポイントを使って説明していきます。

    fc2_2014-01-14_16-19-41-550.jpg


まず、

WE21ジャパンのWEは、私たち の意ではなく、 Women’s Empowerment

つまり、女性たちが力をつけて21世紀を主体的に生き、力を発揮することで社会をより豊かに変えていくことができる という可能性への期待が込められています。

そして、ショップの誕生にはモデルとなるイギリスの NGO Oxfam との出会いがあったこと。

1つの輪になって完成するリサイクル事業にはサポートする業者も必要であること。

大切な資源を最後まで活かしきるリメイク活動があること。

顔と顔の見える支援を目指して支援先に出向き、また迎えて、繋がり続けて来たこと。
平和を築くためには、国境をこえ、市民同士が繋がり、支え合うことが大切であること。

私たちの暮らしが貧困の中で暮らす人々にも繋がっていること。
それを多くの人と分かち合うために、キャンペーンや広報でも伝えていること。

ショップは、ただのリサイクルショップではなく、買い物や、ボランティアをすることで
学び、知り、そして誰かの支援に繋がる場所であること。

私の力や活動が、役に立つ喜びを得られる場所であること。そこで生まれるドラマがあること。

  
たくさん、たくさん、お話ししました。



すると・・・・皆さんからこんな感想を頂きました。


・とっても分かりやすかった。

・寄付するなら是非ここに!と思った。

・世界の知らないことを知ることができた。

・寄付がこうして最後まで活かされていると思うと嬉しい。

・やっぱり女性の力は強いなぁと感じた。(男性)

・こんなに多岐にわたり活動されていることにとても驚いた。

・市民の力がいまや世界に繋がる活動になったことはすごいことだ。

・適材適所で、、、という言葉に、それぞれが出来ることを出来るだけやっていけば、
こうした大きな力になるのだと思った。

・資源の循環の大切さを改めて感じた。

・こうして、初心を振り返り、活動の原点に戻って、想いを聞くことは、
一番人の心を動かすのだなと思った。

・こうした、いい活動をどうしたらもっと多くの人に拡げられるのかと思う。



    色んな人の色んな力で、もっと大きな輪になっていけたら・・・と感じる今日の会でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク