市長との懇談会

          fc2_2013-07-29_12-16-51-626.jpg

私たちの市には様々な市民活動団体があります。

その中の9つの団体で私たちはユニットを組み、互いに情報を共有しながら、連携をとっています。

食、福祉、福祉移動車両、環境、子育てなど、私たちの暮らしと密接につながる分野で、
行政だけでは行き届かないところのサポートを行っています。

日々の活動の中でみえてくる問題、またお客様の声を活かした、よりよいまちづくりのために、今年も市長と意見交換できる機会を設けました。

平塚に住み暮らす全ての人にとって、豊かで、住みよい社会にするために、活動を続けています。

活動に賛同してくださる方、一緒に働いてくださる仲間も、お待ちしています。
スポンサーサイト

旭店のフェアに GO!!

8/5(月) ・ 6(火) は   ちょっといいものフェア
ブランド子ども服  無題食器食器ダンス衣装study_p1.gif

あなただけの  ちょっといいものを  見つけてください。

コットン 栽培日記 ②

 5月末に植えたコットンたちは、夏の陽射しを浴びて、すくすく育っています。

fc2_2013-07-12_07-43-54-806.jpgfc2_2013-07-12_07-44-13-415.jpgfc2_2013-07-12_07-45-05-280.jpgfc2_2013-07-12_07-45-19-625.jpg

小さかった子たちがほら、もうこんなに! 広かったはずのプランターも既に窮屈そうです
    
先日、福島で様々な活動を展開され続けている吉田恵美子さんにコットンプロジェクトの進捗状況をお話し頂きました。

現地の雇用や繋がり、そして生きがいを生み出しながら、福島が風化されぬよう、全国の人々を巻き込みながら進められています。 昨年取れた棉を使ったTシャツも製品化されました。

試行錯誤しながらも、着実に形になっていることに、応援してきた私たちも嬉しく思います。

一つ一つ課題に向かい合いながら、新しい福島を目指しています。

3.11をあの日で終わらせないために、福島から発信し続けています。

ボランティアの手で、山を開墾し、手作りでソーラーパネルを設置。売電し、教え広げる仕組みも作りました。

全国から訪れる人達に、被災者の生の声を届け、一緒に語らいながら、学べる場所へと変わりつつあります。

新しい町づくりの可能性と、希望が生まれています。

ここ平塚でもコットンを育てながら、毎月11日の支援日にお客さまと応援しながら、福島の人達に心を寄せます。

コットンの苗と一緒に、繋がる想いや未来への希望も大きく育て!

ハンドセルフマッサージ

fc2_2013-07-10_21-45-12-892.jpg fc2_2013-07-10_21-45-36-518.jpg fc2_2013-07-10_21-51-05-164.jpg

手や足には、身体の色んな部分に繋がる沢山のツボがあります。
電車バスの中で・・・TVを見ながら・・・お風呂上がりに・・・と、ちょっとした時間で出来る効果的なケアを学びました。

生活する中で、一番使う手なのに、ついついケアは後回しです。 年令もごまかせないところ。

こんなに細かく、手や指を労ってあげたのは初めてかも!? 
だんだん手がポカポカしてきます。

皆で語らいながらのマッサージは、心もほぐれたひとときでした。

講師の先生は毎月11日の東北支援日に、ワンコイン(500円)でフットマッサージをしてくださっていて、そのお代をご寄付頂いています。 人にしてもらうマッサージはまた格別★ 

体験されたい方は、ショップまたはCaféまでご予約ください。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク