2020年3月10日、「おぼえ続ける」3月11日の前日に

3月11日の前日、ショップで「ワタの実から糸繰り➡木綿糸製作所」をしました。
夏に咲いたこの花が

わたの花

秋に実になり、はじけて、収穫しました。代官町店と旭店の前で育ちました。
福島県いわき市から頂いたタネを育てました。

はじけたワタ
WE21いずみのワタ製造メンバー2人が指導。
代官町店でショッピング中のお客さまにお声をかけて
「ワタをつくる!!?? やりたい!!」とお二人が参加。
ワタの実を木製の道具でワタとタネに分けて・・・・
写真右側はタネです。これを6月位に蒔きます

タネとワタを分ける

そのあと2行程を経て、ふわふわのワタになり
ふわふわのワタを「綿繰り機」で伸ばして紡いでいきます


もうすぐ糸になるワタ
12時から始めて、3時に終了でした。
指導者がお2人、飛び入りでお招きしたお客さまがお2人、
WE21ひらつかのメンバーが4人!!
8人で出来上がった木綿糸はこの2玉です!!
大きさが分かりやすく・・・と考えボールペンを置きました。

3月10日の成果です
ワタのタネをまいて育てて、花を楽しみ、実がなって、はじけて、
収穫して、たくさんの工程を経て糸になりました。
糸も、織った布ももっともっと大事にしたい・・・と思いました。
昔は実を収穫するのは子どもたちの仕事でした。
丈が高くないワタは子どもの背丈と小さい手指がちょうど頃よく、典型的な児童労働の過酷な現場です。
今も変わらない子どもたちの苦しさも想像できる3時間でした。
スポンサーサイト



ショップボランティアがマスクをつけて

マスクをつけております
新コロナウイルス対策で
レジそばに消毒用のティッシュを置きました。お使いください。
ショップボランティアがマスクをつけていることもあります。
ご了解ください

手づくりマスクをスタートしました

マスクお知らせ
手づくりマスク
WE21ひらつかのリメイクさんたちがやさしい木綿でマスクをつくりました。
ご自宅で洗えます。ご寄付頂いた布で作っていきます。
1日につくれる数には限りがあります。
お一人1つにさせて頂いてます。

平塚パワーズから応急手当を学ぶ打ち合わせで

来年1月に(来月です!)平塚パワーズの皆さんから応急手当を学びます。
打ち合わせのためにショップに来ていただきました。
平塚パワーズは平成7年1月に起きた阪神淡路大震災を機に有志の市民で結成されたボランティア団体です。
20年以上の活動は高い評価を受けて数々の受賞歴を知ると
すごいなあ・・・と感動しました。
これはレジ袋を開いて腕を吊る工夫です。
<


レジ袋で

平成7年1月に起きた阪神淡路大震災を機に防災減災をめざす活動を始めたボランティア団体です。
意見を出し合い、工夫を重ねて20数年の歴史で、たくさんの表彰をうけ、活動が高い評価を受けてきました。


パワーズ
避難所で一番大切なところの一つ、がトイレです。 
パワーズのメンバーが工夫して段ボール箱を使ってトイレをつくりました。
ある年の3月、仙台市に呼ばれて、市役所でこのトイレづくりも実演。
感心されたそうです。交互に座って、「これはいい」の評価も。
平塚に帰って、3日後にあの大地震が起きました。
東日本大震災です。

和式トイレは膝が痛くなっている高齢者には酷です。
この段ボール製の洋式トイレは、
下水道も上水道も使えなくなった非常時にどれだけ役に立ってくれるだろう、
と感謝の気持ちをメンバーの方々(会長さんと副会長さん)にお伝えしました。
1月におおぜいで共有します。


最も大事な

12月1日・JIM-NETチョコ募金スタート!

JIM-NETチョコ募金をスタート! 12月1日 
イラクの小児がんの子どもたちに 医療費を
シリアの難民の子どもたちに 生活支援金を
福島の子どもたちが放射能から少しでも遠ざかる時間をつくって

 1ちょこの

 550円以上の募金をして下さった方に
 ハート形の六花亭のチョコレートが10こ入った缶を進呈します。
 缶の絵は4種類、イラクの子どもたちが描きました。
 小児ガンで命を亡くした女の子の絵も・・・

chokono2.jpg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク